NEWS お知らせ

2018.04.10

イベントニュース

AnimeJapan2018レポート

この記事をシェアする facebook twitter
サテライトは、今年もAnimeJapanに出展致しました。
サテライト関連作品の展示や上映、ステージイベント、物販コーナー等を展開致しました。
【出展作品】
「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」
「マクロスΔ(デルタ) 激情のワルキューレ」
「博多豚骨ラーメンズ」
「重神機パンドーラ」
「Caligula-カリギュラ-」
「誰ガ為のアルケミスト」
「Project ANIMA」等

 

 

 

 

■3/24(土)
初日のイベントでは、河森正治監督が2ステージ連続で登場!
4月から放送開始する「重神機パンドーラ」のメインキャストである前野智昭さん(レオン・ラウ役)、東山奈央さん(クロエ・ラウ役)との「重神機パンドーラ 放送直前!スペシャルステージ」では、オーディションのエピソードや作品の見どころを語っていただき盛り上がりました。
(公式サイト:http://project-pandora.jp/ )

 

 

続いて、劇場版「マクロスΔ(デルタ) 激情のワルキューレ」スタッフトークステージでは、制作の裏側やマル秘エピソードも伺うことができました。
また河森監督は、イベント終了後にサテライトブースの壁面に「重神機パンドーラ」から主人公レオン・ラウの乗る機体、また「マクロスΔ(デルタ) 激情のワルキューレ」からハヤテ・インメルマンの乗るVF-31Jのイラストとサインを描き、大勢のユーザーのフォトスポットとなりました。

 

 

 

そして、初日最後のイベントは、4月8日からMX他にてOAの「Caligula-カリギュラ-」放送直前!スペシャルステージでは、監督の和田純一さんと、式島律役の沢城千春さんとの、制作エピソード満載のトークショーが開催されました。

 

その他、物販コーナーでは、「シンフォギアAXZ」のアクリルキーホルダーをはじめ、原画集、タペストリー、「重神機パンドーラ」のウインドブレーカー等、新商品も販売し、大変好評でした。

 

 

 

■3/25 (日)
最終日のイベントでは、2ステージが開催されました。
最初に「博多豚骨ラーメンズ」スペシャルステージがあり、安田賢司監督、小野大輔さん(馬場善治役)のお二人による制作エピソードやロケ地巡りのトークショーを開催。
続いて、劇場版「マクロスΔ(デルタ) 激情のワルキューレ」キャストトークステージでは、ハヤテ・インメルマン役の内田雄馬さん、フレイア・ヴィオン役の鈴木みのりさん、マキナ・中島役の西田望見さんの3名が、劇場版の制作で再集結した際の思い出話や作品への愛情とともに、長く作品を応援してくださっているファンの皆様への感謝の気持ちを語っていらっしゃいました。

 

 

両イベントは大変混雑していましたが、多くの参加者がマナーを守ってくださり無事に終了することができました。ご協力ありがとうございました。
その他、「歌マクロス スマホDeカルチャー」や重神機パンドーラのAR体験コーナーも盛況でした。
パンドーラのARは専用アプリをインストールし、マーカーパネルにかざせば巨大なレオン機が登場!
画面を操作すると、360度回転し変形するので、体験していた多くの方はクオリティの高さに驚き、色々な角度で変形を楽しんでいました。
「重神機パンドーラ」のメインキャラクターであるレオン・ラウとクイニー・ヨウのコスプレーヤーも遊びに来てくれました。

 

 

 

AnimeJapan2018 サテライトブースにご来場頂きまして誠にありがとうございました。
これからも皆様に愛される作品や体験を送り出していきたいと思いますので、引き続き応援をお願い致します。

この記事をシェアする

facebook twitter