1. TOPページ
  2. 作品一覧
  3. マクロスゼロ

マクロスゼロ

マクロスゼロ

STORY

1982年の“超時空要塞マクロス”TV放映から20年となる2002年。
監督の河森正治は、20周年という節目を迎え、新たな“マクロス”を模索し動きだした。

新たなる“マクロス”伝説。
その答えは、原点回帰“ゼロ”から誕生する。

シリーズ初!! バルキリーの完全変形アニメーションをフルCGで細部に至るまで完全映像化!
シリーズ最高峰のアクションシーン!
F-14、ミグなどの実在する戦闘機と可変戦闘機バルキリーの迫力の空中戦展開!!
5.1chサウンドによる迫力の音と、2DCG+3DCGを駆使しておくる、劇場作品をも凌ぐ衝撃のクオリティ!!

時代設定はTVシリーズ“超時空要塞マクロス”の1年前。

1999年に落下した異星人の戦艦がもたらしたオーバーテクノロジーをめぐって地球統合戦争が勃発。
ベテランパイロットたちは次々に失われ、まだ10代の少年たちまでが戦場にかりだされていた。

その頃、鳥人伝説の伝わる南海の孤島に、異常なエネルギー反応が探知された。
それは異星人がはるか昔にこの地上にもたらした、オーバーテクノロジーの遺産(プロトカルチャー)かもしれないと予測された……。

統合政府と、反統合勢力は未知の遺産を入手すべく、開発されたばかりの新型可変戦闘機VF-ゼロとSV-51を投入し、激しい争奪戦を繰り広げられることになる。

海と山とジャングルの島を舞台に“VF-ゼロ”に命を賭けて戦う男たち。
そして島に伝わる伝説の力を守ろうとする少女たちの恋と夢……。
美しい珊瑚礁やジャングルが戦場に変わり、時代が大きく移り変わろうとしてゆく。

伝説と最新兵器が交錯する中、若者たちは戦いの果てに何を見るのか……。

STAFF

原作 河森正治
監督 河森正治
脚本 大野木寛
キャラクターデザイン 齋藤卓也
特技監督 板野一郎
メカニックデザイン 石垣純哉
メカニック アート 天神英貴
美術監督 太田大
美術設定 平沢晃弘
撮影監督 前田庸生
色彩設計 海鉾重信
編集 竹内康晃
音響監督 三間雅文
音楽 配島邦明
制作 サテライト

INFO

【OA/上映】
オリジナルビデオアニメーション/全5話
 
【動画配信】
バンダイチャンネルにて絶賛配信中
 
【Blu-ray/DVD】
Blu-ray BOX:絶賛発売中
DVD情報:全5巻 絶賛発売中

サイトポリシー

Japanese/English

・当サイトは、株式会社サテライト(以下「当社」といいます。)によって制作・運営・管理されております。

・掲載されている内容(文章・画像・映像・音声など)は、著作物として日本の著作権法、商標法ならびに国際条約により保護されており、個人、企業、営利、非営利を問わず、無断での使用(配布・複製・販売・貸与・公衆送信・翻案等)は、固く禁止されております。なお、作品ごとに異なる複数の著作権者が存在する為、当社が関わった作品であっても、当社独自の判断で使用を許諾することは出来ませんので予めご了承ください。

・当サイトは細心の注意をもって運営しておりますが、当サイトの正確性、信頼性、有効性等に関しましては、一切保証致しません。当サイトのご利用によって、お客様ご自身に損害が生じた場合、及びお客様が他の利用者または第三者に損害を与えた場合でも、当社は一切責任を負いかねます。あくまでも、お客様ご自身の責任においてご利用くださいますようお願い致します。同様に、当サイトのサービス停止、欠陥及びそれらが原因となり発生した損失や損害についても、弊社は一切責任を負いかねます。また、当サイトからリンクをしている、または当サイトへリンクをしている当社以外のウェブサイトは、それぞれの管理者の管理下にあります。その為、お客様がリンク先またはリンク元のウェブサイトをご利用することによって生じたいかなる損害についても当社は一切責任を負いかねます。

・当サイトのご利用にあたり、公序良俗もしくは法令に反し、他の利用者、第三者、及び当社に不利益を与える行為、並びにそれらを助長する行為を禁止致します。また、その他当社が不適切と判断した行為も同様に禁止致します。

・当社は、お送り頂いた個人情報を厳正に管理し、その利用に際しては、お客様ご本人の同意を得た場合、および法令に基づく場合を除き、あらかじめ特定された利用目的の達成に必要な範囲内でのみ利用致します。

Site Policy

Japanese/English

・This website is produced, administrated and managed by Satelight Inc. (hereinafter referred to as the "Satelight").

・The contents (including but not limited to text, images, movie, audio) contain on this site is protected as copyrighted property by Japanese copyright law, trademark law, and international treaty, and the usage (including but not limited to distribution, duplication, sales, rentals, transmitting, or adaptation) is strongly prohibited without permission. Please note that because there are various copyrights holders depends on each property, Satelight is not able to permit the usages by our own discretion even on the property Satelight has involved in producing.

・Although Satelight pays special attention to manage this site, Satelight assumes no responsibility whatsoever regards to accuracy, reliability, and validity of our site. Satelight is not responsible for any damage that maybe caused customer, or customer causes other users or third parties by the usage of this site. Please use this site within customer’s own responsibility. Satelight is not either responsible for any loss or damage that may cause customer by the termination or defect of the service of this site. Each site that has linked from this site or to this site is under control of each administrator of each site. Therefore Satelight is not either responsible for any damage caused by the usage of such websites that linked from our site, or to our site.

・Upon usage of this site, the action that is against law, public order, decency, or may harm other customers, third parties, Satelight, or that promotes or facilitates that action states above is strictly prohibited. Other acts that Satelight finds its inappropriate are also prohibited.

・Satelight will rigidly manage individual information provided by customers and upon the usage of such information, Satelight will use it within the range of necessity to achieve specific purpose except in the case that it is agreed with the customer or to subject to laws and regulations.