1. TOPページ
  2. 作品一覧
  3. 北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王

北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王

北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王

STORY

狂乱に堕し、与えられた平和をただむさぼっていた人類に、ついに鉄槌がくだされた。

核の炎が世界全土を焼き尽くし、すべてのものは破壊し尽くされた。

秩序も、人の心さえも塵となって風に散り、わずかに生き残った人々は、暗黒の世紀末を迎えた。

そこは力がすべての世界。
力こそが正義であり、力ある者がすべてを手に入れ、力なき者たちはただおびえるしかない時代であった。

その世紀末の世に覇王たらんと1人の漢が立ち上がった。

漢の名はラオウ。
1800年もの長きに渡り営々と受け継がれてきた最強の暗殺拳・北斗神拳の使い手であり、北斗4兄弟の長兄。
彼は、己の覇道を突き進むため自らを「拳王」と名乗り、近隣の軍閥をことごとく制圧していった。

この物語は、原作「北斗の拳」では描かれなかった「ラオウ=拳王」の若かりし頃の物語である。
ラオウと彼の愛馬・黒王号との出会い。
修羅の国からラオウを追って来た、軍師のソウガ、拳王親衛隊隊長レイナの2人との拳王軍設立の過程、次兄トキとの確執とカサンドラ収容所設立の物語。

そして、知られざる南斗鳳凰拳伝承者サウザーとの因縁と2人の熾烈な戦い。

ラオウが求めた覇道とは?
末弟ケンシロウへの思いとは?

覇業のためにラオウが犠牲にしてきたものとは?

自らの生涯に一片の悔いなく生きた漢、ラオウの若き日の活躍が今、全て明かされる。

STAFF

原案 武論尊/原 哲夫
作画 長田悠幸
製作総指揮 堀江信彦
監督 阿部雅司
脚本 大野木寛
キャラクターデザイン 丸藤広貴
総作画監督 輿石 暁
音響監督 明田川仁
音楽 KAZSIN
エグゼクティブプロデューサー 飛田野和彦
アニメーション制作会社 サテライト
製作 天の覇王製作委員会

INFO

【OA/上映】
TVアニメーション:2008年10月~12月 TOKYO MX他にて放送/全13話
 
【動画配信】
バンダイチャンネルにて絶賛配信中
 
【Blu-ray/DVD】
DVD情報:全6巻 絶賛発売中

サイトポリシー

Japanese/English

・当サイトは、株式会社サテライト(以下「当社」といいます。)によって制作・運営・管理されております。

・掲載されている内容(文章・画像・映像・音声など)は、著作物として日本の著作権法、商標法ならびに国際条約により保護されており、個人、企業、営利、非営利を問わず、無断での使用(配布・複製・販売・貸与・公衆送信・翻案等)は、固く禁止されております。なお、作品ごとに異なる複数の著作権者が存在する為、当社が関わった作品であっても、当社独自の判断で使用を許諾することは出来ませんので予めご了承ください。

・当サイトは細心の注意をもって運営しておりますが、当サイトの正確性、信頼性、有効性等に関しましては、一切保証致しません。当サイトのご利用によって、お客様ご自身に損害が生じた場合、及びお客様が他の利用者または第三者に損害を与えた場合でも、当社は一切責任を負いかねます。あくまでも、お客様ご自身の責任においてご利用くださいますようお願い致します。同様に、当サイトのサービス停止、欠陥及びそれらが原因となり発生した損失や損害についても、弊社は一切責任を負いかねます。また、当サイトからリンクをしている、または当サイトへリンクをしている当社以外のウェブサイトは、それぞれの管理者の管理下にあります。その為、お客様がリンク先またはリンク元のウェブサイトをご利用することによって生じたいかなる損害についても当社は一切責任を負いかねます。

・当サイトのご利用にあたり、公序良俗もしくは法令に反し、他の利用者、第三者、及び当社に不利益を与える行為、並びにそれらを助長する行為を禁止致します。また、その他当社が不適切と判断した行為も同様に禁止致します。

・当社は、お送り頂いた個人情報を厳正に管理し、その利用に際しては、お客様ご本人の同意を得た場合、および法令に基づく場合を除き、あらかじめ特定された利用目的の達成に必要な範囲内でのみ利用致します。

Site Policy

Japanese/English

・This website is produced, administrated and managed by Satelight Inc. (hereinafter referred to as the "Satelight").

・The contents (including but not limited to text, images, movie, audio) contain on this site is protected as copyrighted property by Japanese copyright law, trademark law, and international treaty, and the usage (including but not limited to distribution, duplication, sales, rentals, transmitting, or adaptation) is strongly prohibited without permission. Please note that because there are various copyrights holders depends on each property, Satelight is not able to permit the usages by our own discretion even on the property Satelight has involved in producing.

・Although Satelight pays special attention to manage this site, Satelight assumes no responsibility whatsoever regards to accuracy, reliability, and validity of our site. Satelight is not responsible for any damage that maybe caused customer, or customer causes other users or third parties by the usage of this site. Please use this site within customer’s own responsibility. Satelight is not either responsible for any loss or damage that may cause customer by the termination or defect of the service of this site. Each site that has linked from this site or to this site is under control of each administrator of each site. Therefore Satelight is not either responsible for any damage caused by the usage of such websites that linked from our site, or to our site.

・Upon usage of this site, the action that is against law, public order, decency, or may harm other customers, third parties, Satelight, or that promotes or facilitates that action states above is strictly prohibited. Other acts that Satelight finds its inappropriate are also prohibited.

・Satelight will rigidly manage individual information provided by customers and upon the usage of such information, Satelight will use it within the range of necessity to achieve specific purpose except in the case that it is agreed with the customer or to subject to laws and regulations.