1. TOPページ
  2. 作品一覧
  3. AKB0048 next stage

AKB0048 next stage

AKB0048 next stage

STORY

芸能禁止の時代、危険を顧みず、ゲリラライブを送り届けるアイドル達がいた。
そう、彼女達の名は「AKB0048」。
地球滅亡直前まで、伝説のアイドルとして輝き続けた「AKB48」。
その名を襲名するという形で受け継いだ超銀河アイドルチームの物語。

STAFF

企画・監修 :秋元康
原作・総監督:河森正治
エグゼクティブプロデューサー:大月俊倫
監督:平池芳正
シリーズ構成・脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン:江端里沙
サブキャラクターデザイン・総作画監督:井上英紀/伊藤郁子/いとうまりこ
舞踊原画家:相澤昌弘
メカニックデザイン:ブリュネ・スタニスラス
美術デザイン:ロマン・トマ/ルガル・ヤン
色彩設計:品地奈々絵
CGディレクター:加島裕幸(unknownCASE)
CGアニメーションディレクター:崎山敦嗣(unknownCASE)
キャラクターモデリングディレクター:宮嶋克佳
美術監督:伊藤聖
撮影監督:植田真樹
音響監督:明田川仁
音響効果:古谷友二
音楽:高木洋/スワベック・コバレフスキ
音響制作:マジックカプセル
編集:坪根健太郎(REAL-T)
原作・アニメーション制作:サテライト

INFO

【放送情報】

tvk 1月5日より 毎週土曜 25:00~
チバテレ 1月5日より 毎週土曜 25:00~
TOKYO MX 1月5日より 毎週土曜 25:30~
TVQ九州放送 1月6日より 毎週日曜 6:30~
テレビ埼玉 1月6日より 毎週日曜 23:30~
サンテレビ 1月6日より 毎週日曜 23:30~
とちぎテレビ  1月6日より 毎週日曜 23:45~
KBS京都 1月6日より 毎週日曜 24:00~
広島テレビ 1月6日より 毎週日曜 25:50~
福島テレビ 1月9日より 毎週水曜 15:28~
TBC東北放送 1月10日より 毎週木曜 25:30~
三重テレビ 1月11日より 毎週金曜 17:00~
BS11 1月11日より 毎週金曜 23:30~
HTB北海道テレビ 1月12日より 毎週土曜 26:45~
群馬テレビ 1月13日より 毎週日曜 23:30~

※初回放送は終了しております

 

【配信リンク先URL】

「バンダイチャンネル「アニメ見放題」」2012年12月21日から
http://www.b-ch.com/

「dマーケット アニメストア」2012年12月21日から
http://docomo-animestore.jp/

GyaO
http://gyao.yahoo.co.jp/special/akb0048/

みんなでストリームγ版
http://www.b-ch.com/contents/feat_newtitle/

ふらっと動画:http://flat-flat.jp/officialsearch/?pref_name=&shop_name=&service_name=flat_douga

サイトポリシー

Japanese/English

・当サイトは、株式会社サテライト(以下「当社」といいます。)によって制作・運営・管理されております。

・掲載されている内容(文章・画像・映像・音声など)は、著作物として日本の著作権法、商標法ならびに国際条約により保護されており、個人、企業、営利、非営利を問わず、無断での使用(配布・複製・販売・貸与・公衆送信・翻案等)は、固く禁止されております。なお、作品ごとに異なる複数の著作権者が存在する為、当社が関わった作品であっても、当社独自の判断で使用を許諾することは出来ませんので予めご了承ください。

・当サイトは細心の注意をもって運営しておりますが、当サイトの正確性、信頼性、有効性等に関しましては、一切保証致しません。当サイトのご利用によって、お客様ご自身に損害が生じた場合、及びお客様が他の利用者または第三者に損害を与えた場合でも、当社は一切責任を負いかねます。あくまでも、お客様ご自身の責任においてご利用くださいますようお願い致します。同様に、当サイトのサービス停止、欠陥及びそれらが原因となり発生した損失や損害についても、弊社は一切責任を負いかねます。また、当サイトからリンクをしている、または当サイトへリンクをしている当社以外のウェブサイトは、それぞれの管理者の管理下にあります。その為、お客様がリンク先またはリンク元のウェブサイトをご利用することによって生じたいかなる損害についても当社は一切責任を負いかねます。

・当サイトのご利用にあたり、公序良俗もしくは法令に反し、他の利用者、第三者、及び当社に不利益を与える行為、並びにそれらを助長する行為を禁止致します。また、その他当社が不適切と判断した行為も同様に禁止致します。

・当社は、お送り頂いた個人情報を厳正に管理し、その利用に際しては、お客様ご本人の同意を得た場合、および法令に基づく場合を除き、あらかじめ特定された利用目的の達成に必要な範囲内でのみ利用致します。

Site Policy

Japanese/English

・This website is produced, administrated and managed by Satelight Inc. (hereinafter referred to as the "Satelight").

・The contents (including but not limited to text, images, movie, audio) contain on this site is protected as copyrighted property by Japanese copyright law, trademark law, and international treaty, and the usage (including but not limited to distribution, duplication, sales, rentals, transmitting, or adaptation) is strongly prohibited without permission. Please note that because there are various copyrights holders depends on each property, Satelight is not able to permit the usages by our own discretion even on the property Satelight has involved in producing.

・Although Satelight pays special attention to manage this site, Satelight assumes no responsibility whatsoever regards to accuracy, reliability, and validity of our site. Satelight is not responsible for any damage that maybe caused customer, or customer causes other users or third parties by the usage of this site. Please use this site within customer’s own responsibility. Satelight is not either responsible for any loss or damage that may cause customer by the termination or defect of the service of this site. Each site that has linked from this site or to this site is under control of each administrator of each site. Therefore Satelight is not either responsible for any damage caused by the usage of such websites that linked from our site, or to our site.

・Upon usage of this site, the action that is against law, public order, decency, or may harm other customers, third parties, Satelight, or that promotes or facilitates that action states above is strictly prohibited. Other acts that Satelight finds its inappropriate are also prohibited.

・Satelight will rigidly manage individual information provided by customers and upon the usage of such information, Satelight will use it within the range of necessity to achieve specific purpose except in the case that it is agreed with the customer or to subject to laws and regulations.